Archive for the ‘育乳の基本’ Category

ツボ「だん中」のマッサージ

豊胸、バスアップ効果を期待しているのなら、ツボをマッサージにする方法をとってみるのはいかがでしょうか? バストアップに効果的だといわれている、ツボは2つあるといいます。そのうち、女性ホルモンの分泌に大きな影響を及ぼすといわれているツボが「だん中」といわれるツボです。「だん中」という場所は、左右の乳首を結んだちょうど真ん中あたりの胸骨のところにあります。 乳首の位置は個人差がありますので、人によって多少上下した位置にある方もいらっしゃいます。そのあたりの位置で押さえてみて、ちょうど痛いと感じる場所がツボになります。 このツボの位置を左右の人差し指と中指を重ねて刺激します。そして、上半身を前かがみにしたままそのまま息をゆっくり吐き、息を吐ききったところで戻します。 こういった動作を数回繰り変えることで、バストアップの効果が現れるといいます。

バストアップ方法 - ツボマッサージの注意点

豊胸、バストアップを望んでいる方は、東洋医学でいうところの「だん中」と「天溪」この2つのツボをマッサージすることが効果的といわれていますが、ツボをマッサージする際にも注意すべき項目があります。 まず、ツボの位置には個人差もありますから、素人ではなかなか見つけにくいものだといいます。個人の勝手な判断でツボの位置だと思い込んでマッサージしていても、効果は現れないので、正しい位置をマッサージするように注意しなければなりません。 ご自分でツボの位置を的確に捉えられないのなら、東洋医学を取り入れている病院や整体院などを受診して、正しいツボの位置を教えてもらうのもよいでしょう。 また、正しいツボの位置が分かったからといっても、すぐにバストアップにつながるわけはありません。毎日、気長に続ける事、このことがやがてはバストアップへとつながるのです。 これらツボマッサージはバストアップだけではなく、肌に張りを与えたり、背筋が伸びるなどの効果も期待できるようです。 バストアップを望んでいるみなさん、ぜひ正確なツボの位置を把握してマッサージを取り入れていきましょう。

バストアップツボのマッサージ

ツボ「渕腋(えんえき)」を刺激   豊胸、バストアップに効果的なツボ刺激方法があります。「渕腋」というツボを刺激する方法です。 「渕腋」はわきの下にあるツボで、第三助間の乳頭線上にあり、乳頭から腋の方約10cmくらいのところに位置するといわれています。一般的にはここを押すと強い痛みを感じます。 「渕腋」を刺激するということは、正しい姿勢を保つことにもつながるようで、姿勢を正しく保つためにも背筋を伸ばそうとします。また、血行の促進にもつながります。 そのことが胸へ効率よい配給にもつながり、豊胸・バストアップに効果が現れるようです。くれぐれもツボの刺激やマッサージでは力を入れすぎないように注意しましょう。 マッサージと同様、ツボを刺激することも豊かな胸、形良い胸を保つためには効果的な行為だといいます。 ツボ「だん中」のマッサージ   豊胸、バスアップ効果を期待しているのなら、ツボをマッサージにする方法をとってみるのはいかがでしょうか? バストアップに効果的だといわれている、ツボは2つあるといいます。そのうち、女性ホルモンの分泌に大きな影響を及ぼすといわれているツボが「だん中」といわれるツボです。「だん中」という場所は、左右の乳首を結んだちょうど真ん中あたりの胸骨のところにあります。 乳首の位置は個人差がありますので、人によって多少上下した位置にある方もいらっしゃいます。そのあたりの位置で押さえてみて、ちょうど痛いと感じる場所がツボになります。 このツボの位置を左右の人差し指と中指を重ねて刺激します。そして、上半身を前かがみにしたままそのまま息をゆっくり吐き、息を吐ききったところで戻します。 こういった動作を数回繰り変えることで、バストアップの効果が現れるといいます。 ツボ「天溪(てんけい)」のマッサージ   豊胸・バストアップにはツボを刺激するように、マッサージすることも効果的だといいます。バストアップに効果を現すもうひとつのツボは、「天溪」という乳腺の発達に大きく関係しているツボだといいます。 「天溪」というツボはバストの左右両側にあり、位置的にはバストと胸部の境目の乳房の輪郭のわきにあり、高さとしてはちょうど乳首くらいの位置に相当するところです。そのあたりの位置、骨と骨の間で押してみて痛みを感じる位置にツボ「天溪」があります。 バストアップに効果的なマッサージ方法は、左右のバストを持ち上げるようにして、親指に向かって押すのがよいといいます。 マッサージでの刺激をを与えるときは片方ずつ行うのではなく、左右のバストを両方同時にマッサージするのがポイントです。 毎日、気長にマッサージを続けてしていくことがバストアップにつながるようですから、地道に努力してみましょう。 ツボ「中府(ちゅうふ)」のマッサージ   東洋医学の経路のひとつで、肺経の気が集まるツボ「中府」は、鎖骨外端の下のくぼみから下へ親指の幅ほどの位置にあります。 この「中府」のあたりを、8の字のようにマッサージすることで、大胸筋のリンパの流れがよくなるので、豊胸・バストアップに効果的でしょう。 中府(ちゅうふ)をマッサージすることはもちろん豊胸にも効果を表しますが、それ以外にも様々なマッサージ効果があるといわれています。 例えば女性が出産した後、母乳の出が悪ければ、母乳の出をよくするためにこのツボを指圧し、マッサージすることで効果が表れるといいます。 この中府には呼吸機能を高める効果もありますので、中府をマッサージすることは風邪予防や咳止め、またはぜんそくや小児ぜんそくの症状の緩和にも適しているとされています。その他にも、四十肩や五十肩の予防や改善、脱毛予防などにも効果的なツボだそうです。 東洋医学では、豊胸にとっても悪要因である心因性のイライラにも、中府のツボマッサージは効果的だといわれています。 ツボマッサージの注意点   豊胸、バストアップを望んでいる方は、東洋医学でいうところの「だん中」と「天溪」この2つのツボをマッサージすることが効果的といわれていますが、ツボをマッサージする際にも注意すべき項目があります。 まず、ツボの位置には個人差もありますから、素人ではなかなか見つけにくいものだといいます。個人の勝手な判断でツボの位置だと思い込んでマッサージしていても、効果は現れないので、正しい位置をマッサージするように注意しなければなりません。 ご自分でツボの位置を的確に捉えられないのなら、東洋医学を取り入れている病院や整体院などを受診して、正しいツボの位置を教えてもらうのもよいでしょう。 また、正しいツボの位置が分かったからといっても、すぐにバストアップにつながるわけはありません。毎日、気長に続ける事、このことがやがてはバストアップへとつながるのです。 これらツボマッサージはバストアップだけではなく、肌に張りを与えたり、背筋が伸びるなどの効果も期待できるようです。 バストアップを望んでいるみなさん、ぜひ正確なツボの位置を把握してマッサージを取り入れていきましょう。

育乳ブラ&バストアップ方法

育乳ブラジャーも最近は世間に浸透してきましたね。 いわゆる補正下着と同じ物だと思って良いのですが、 ・より乳(胸・バスト)を育てること ・大きくすること ・バストの形を維持する事 に念頭を置いたブラジャーが育乳ブラと呼ばれます。育乳ブラ、補正下着で有名なメーカーを挙げると・・・ ・ブラデリスニューヨーク ・kiya (キヤ) ・チェスニービューティー ・MACO (マコ) ブラジャー ・マルコ ・シャンデール ・ダイアナ ・シャルレ などの下着メーカーになります。 特に、これらの下着メーカーの中でもブラデリスは有名で、 近年の育乳ブームにも乗って売り上げが上がっているようです。 また、ショップに直接足を運べるならMACOブラもおススメ。スタッフが親切にマコブラの効果的な使用方法をレクチャーしてくれます。 私の場合はMACO育乳ブラを使用して、 BカップからDカップにアップ、それと同時にある方法を使い、Eカップまで育乳に成功しました。 その間3ヶ月、たったの3ヶ月でBカップからEカップまで胸・バストが大きくなったのは自分でも驚きでした。 もちろん育乳ブラを着用して、毎日数分ではありますが簡単な努力をした結果です。 何もしないで楽に育乳できれば良いんですけど、何もしないで胸が大きくなるような方法はありません。 それでも、育乳ブラの使用と1日数分の努力でバストアップできるなら嬉しいですよね。 実際に私は、自分の胸が大きくなる過程は楽しくて仕方なかったです(笑) 育乳ブラと効果的なバストアップ方法で飛躍的にバストアップが可能♪ 芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ』

一気にバストアップ!育乳の基本

育乳とは、ただ単に胸・バストを大きくするだけではなく、美しく大きい胸・バストを育てるということ。一般的には「胸を大きくする」ことだと思われがちですが、育乳という言葉にはいろいろな意味が含まれているのです。 豊胸と言うと、人工的にバストアップ、胸を大きくすることを指しますが、育乳は「自然に健康的に乳(胸・バスト)を育てる」のだから、女性の身体にも健康にも優しい方法ばかり。 一言で育乳と言っても、いろんな育乳方法があります。 育乳マッサージ、育乳ブラジャー、育乳ヨガ、育乳に良い食べ物など、育乳に関連する言葉も広まっていますね。気軽な育乳の例としてマッサージなどがありますが、同時に効率の良い育乳を心がけたいものです。 育乳効果の高い方法としては、やっぱり育乳ブラとマッサージなどの併用でしょう。より効果的な育乳を行うためには・・・ 前回にも書いた、とあるSNSで見かけた25歳過ぎて(今日改めて読んだら27歳だった!)A→Dカップになれた人の方法を私も実践しています。 その方法は主にマッサージと食事の2側面からのアプローチでした。 具体的な方法は以下の通りです。 ①マッサージ方法 基本的にはブラの線に沿うような感じで軽く指を胸に押し付けていきます。 ブラのワイヤーが入っている辺りをなぞる様に指を滑らせ、中心部に向かっていきます。 胸の上で丁度渦巻きを描くような感じですね。 次に肩紐のある辺りを上から下に向かって優しくなでるようにマッサージ。 これを取り合えず毎日やると良いみたいです。 意外と性感帯?でなかなか気持ち良いです この時指は人差し指・中指・薬指の3本と使います。 指の腹を使って優しく抑えるのがコツのようです。 お風呂でボディソープとかつけてやると、指の滑りもよくなるしいいかも知れませんね。 お金のある人はバストマッサージ用のクリームなんかを使ってみてもいいんでないですか? え?ローションですか? …まぁいいんでないですか? ②食事療法 療法って言うとなんだか貧乳という病気みたいですね。 まぁ実際に貧乳は周囲からの心無い暴言によって、心の病の原因になりかねません。 さっさと治療してしまいましょう。 まず貧乳救済3種の神器となる食材をお教えしましょう。 それは… 1.豆乳 2.鶏肉 3.キャベツ です 嬉しいことに、結構庶民派な食物が多いです。 脂肪を付けるって言っても、そんなに高カロリーなものでもないしね。 豆乳は調整でも無調整でもいいような気がしますが、手っ取り早くイソフラボンを大量摂取したい人は、鼻でもつまみながら無調整を飲むことをお勧めします。 無調整は本当に豆腐を液状化してちょっと薄めた感じの味です。 私も最初は豆乳って駄目でした。 でも人間って不思議なもんで、「これがおっぱいを大きくする飲み物なんだ!」 って思うと急に飲めるようになるし、今ではむしろ好きな飲み物にさえなってしまいました。 因みに最近では、1リットル入りを買ってきても2日で無くなります…。 え?標準摂取量?ナニソレ??←ちゃんと守らないと乳癌のリスクが高まるらしいです…私ちゃんと忠告したからね。 鶏肉は皮の辺りが一番効果的らしいです。 モモ肉とかが結構いい感じですね。 それにキャベツの千切りを加えて…うん、食べ合わせも良さそう。 取り合えずマッサージと豆乳を毎日欠かさないようにして、時間の空いているときは出来るだけ鶏肉やキャベツを使った料理を作るようにしました。 そんな生活を実践してみて約1ヶ月。 さぁ、どうなったでしょう?? 結果… 僅か1ヶ月で2cupアップ!! …なんて上手くいくはずはありません。 でも生理前のようなハリがずっと継続しているし、生理終わった後もサイズは変わらなくなりました。 前は生理前と生理後で2センチぐらい差があったんだけど、それがなくなりました! この方法を実践し始めてから最初の生理が終わったちょっと後に計った時は、アンダー67、トップが80でした。 因みにいつもなら78ぐらいまで落ちて、ブラが緩くなったりもするぐらいなんだけど。 自分採寸なので正確さには少々欠けますが、一応鏡を見ながら計ったのでそんなにひどい誤差はないと思います。 今のところはまだブラのサイズ昇格には至っていませんが、とりあえずはまずまずの結果です [...]